弁護士費用特約を付帯していない状況で交通事故に遭ってしまい、不安に感じている方もいるのではないでしょうか。この記事では、弁護士費用特約がない状態で交通事故に遭った場合の対処方法について解説します。交通事故後の不安を解消したい方は、ぜひ参考にしてください。

たとえ弁護士費用特約がなくても、弁護士に依頼すること自体は可能です。そうするとまずは気になるのは弁護士に委任する際の費用のことですね。

当事務所では、弁護士費用特約がない場合、委任の際に初めにお支払いいただく着手金はいただかず、法律相談費用もいただいておりません。訴訟の印紙代に関する実費など自己負担となるものもありますが、それ以外の実費や弁護士報酬については、相手側保険会社や自賠責保険から受け取る損害賠償金から差し引く形でいただいておりますので、ご依頼者さまの手出しになることはありません。

そうだとしても弁護士に依頼することによるコストに対し、弁護士に依頼することによりどのようなメリットがあるのかはっきりしないとご相談にお越しいただくことにも戸惑いがあると思います。そこで、当事務所事故専門サイトにて弁護士に交通事故の解決を依頼するメリットをご説明しております。

今すぐ 相続 事故 借金 離婚 無料相談

弁護士費用特約がなくても困らない!交通事故対応ガイド -

弁護士費用特約のない場合に、交通事故の慰謝料をはじめとする賠償額をどのように増額するかについて、事故に強い弁護士が丁寧に解説しています。当事務所では、弁護士費…

自動車保険以外に弁護士費用特約が付帯されていることも

なお、乗っておられた車両に弁護士費用特約が付帯されていなかった場合でも、同居のご家族の所有する別の車両、ご本人が未婚の場合には別居のご家族が所有する車両の自動車保険に弁護士費用特約が付帯している場合などには特約を使えることもあります。念の為に確認されてください。医療保険や火災保険、クレジットカード付帯の保険などに弁護士特約がつけられることもありますので、念のためにそちらもご確認されてみてください。

author avatar
Yoshioka Makoto
弁護士法人あさかぜ法律事務所代表弁護士 「明けない夜はない」を胸に依頼者とともに。 相談の席で弁護士が真摯にお悩みを受け止めることで、心と体の重荷が解き放たれる。 癒えた心で法的助言を聞き、新たな未来の光を見つける。 その後、依頼者と弁護士が共に歩み解決へと導く。 明けない夜はありません。