認知症が心配な場合の後見制度とは

今は、高速に少子高齢化が進んでいる時代です。そのような中、「認知症になったら、自分の財産管理や生活は、どうなってしまうのだろう?」と心配されている方も多いでしょう。
あさかぜ法律事務所では、そういった方のための支援も行っています。
判断能力が低下したときの対策としては、「後見制度」の利用をお勧めします。
まだ、判断能力のある元気なうちであれば、任意後見契約を締結することにより、気に入った人に、将来の財産管理や身上監護を任せることができます。
すでに判断能力が低下してしまった場合には、周囲の家族が「成年後見」の申立を行うことにより、適切にご本人の財産管理と身上監護を実行していくことができます。
当事務所では、ケースに応じて適切な後見制度のご利用をお勧めし、手続きを代行しています。当事務所の弁護士と任意後見契約を締結して頂くことも、もちろん可能です。
将来が心配な方や周囲に認知症の方がおられる場合には、是非とも一度、ご相談ください。