遺留分減殺請求を弁護士に依頼するメリット

「相続人なのに、遺言書があって、遺産相続が認められない」

そのような場合、遺留分減殺請求によって、最低限の遺産相続分を取得できる可能性があります。
遺留分とは、兄弟姉妹以外の法定相続人に認められる、最低限の遺産の取得分のことです。遺言や贈与によっても侵害することができません。
そこで、遺言によって自分の遺留分を侵害されていたら、侵害者に対して遺留分の返還を求めることができます。このことを「遺留分減殺請求」と言います。
ただし、遺留分減殺請求には事項があるため、遺留分侵害の事実を知ってから、1年以内に行う必要があります。

このとき、必ず「内容証明郵便」を使って「遺留分減殺通知書」を発送しましょう。また、その後、遺留分侵害者との間で、遺留分の返還方法についての話し合いを継続しなければなりません。このとき、お互いに意見が合わず、トラブルになることも多いです。
弁護士であれば、確実に「遺留分減殺通知書」を作成し、相手に送達させて、遺留分の時効完成を防ぎます。
その上で、相手と話し合いをして、スピーディーに遺留分の返還を実現します。相手が返還に応じない場合には、遺留分減殺調停や訴訟を起こし、確実に遺留分を取り戻せるよう、最善の方策をとります。
遺留分減殺請求を弁護士にお任せ頂いたら、ご自身が煩雑な交渉に煩わされることもありません。
当事務所では、初回のご相談が無料となっていますので、お困りの場合には、お早めにご相談ください。