遺産分割争いの解決方法について

生前の準備が万全ではなく、遺産分割争いが発生してしまうケースもあります。
そのようなときにも、是非ともあさかぜ法律事務所までご相談ください。
弁護士が、遺産分割の交渉や調停・審判を利用することにより、最適な方法で解決に導きます。

遺産分割の話し合い

当事者同士で遺産分割の方法について合意ができない場合には、弁護士が代理人として、他の相続人と遺産分割の話し合いをすることができます。
弁護士であれば、お互いに感情的になることもなく、冷静に話をすることができます。
また、法的な観点から妥当な解決方法を提示することによって、お互いに合意をしやすくなります。当事者同士では疑心暗鬼になっていた相手方も、弁護士が代理で交渉することにより、妥協するケースもあります。
相手が遺産を隠しているときにも、弁護士が照会手続きを利用する方法などにより、調査することが可能です。
お互いに合意ができたら、弁護士が適式な方法で「遺産分割協議書」を作成します。遺産分割協議書は、不動産の名義書換や株式の名義書換、預貯金の払い戻しなどの諸手続で必要となる重要な書類です。自分達では適切に作成できない場合にも、ご安心下さい。

遺産分割調停

交渉をしてもお互いに合意することができないケースでは、家庭裁判所で遺産分割調停を行います。
遺産分割調停とは、家庭裁判所の調停委員を介して、遺産分割方法の話し合いをする手続きです。調停委員を介するので、当事者同士で顔を合わせる必要はありませんが、それでもなかなか解決できないのが現実です。
弁護士が代理人になると、法的な観点からアドバイスをしたり、適切な解決方法を提示したりすることができます。このことにより、調停の話し合いに道筋をつけて、妥当な解決につながっていくものです。
また、弁護士がつくと、調停委員を味方につけやすいので、有利に話が進みやすい点も、メリットです。
もちろん、調停申立書の作成から裁判所への申立手続き、裁判所との連絡や期日の調整、実際の調停期日への出席から調停調書の受取りまで、すべて弁護士がサポートするので、ご安心してご依頼下さい。

遺産分割審判

遺産分割調停をしても、お互いに合意ができないケースでは、遺産分割審判となります。
遺産分割審判は、裁判所が遺産分割の方法を決定してしまう手続きです。話し合いではないため、お互いが納得していなくても、裁判所に解決方法を決められてしまいます。

審判でなるべく有利な結論を勝ち取るためには、弁護士によるサポートが必須です。
法的な観点から、裁判所を説得しなければならないためです。特に、相手が弁護士をつけているのに、こちらには弁護士がいない、ということになると、極めて不利な状況になってしまいます。
あさかぜ法律事務所は、これまで多くの遺産分割事件の代理人を務めてきており、どのような事案にも対応可能です。
トラブルが悪化する前に、お早めにご相談ください。