遺言書作成によって、相続トラブルを回避できます

あさかぜ法律事務所は、遺言書の作成支援に非常に力を入れています。それは、遺言書の作成は、相続トラブル防止に極めて有効だからです。
相続トラブルは、いったん発生してしまうと、熾烈な争いに発展しやすいです。
もともと仲の良かった親族同士でも、骨肉の争いを繰り広げて何年もいがみ合った末、絶縁状態となってしまうことが多いです。そのようなことは、誰しも避けたいものでしょう。
私たちがこれまで担当してきた事件において「遺言書さえあれば、このようなトラブルを避けることができたのに」という案件が非常にたくさんありました。
そこで、当事務所では、自然に遺言書作成業務に力を入れるようになったのです。

遺言書が相続トラブル回避に有効な理由

なぜ、遺言書作成が相続トラブル回避に有効なのでしょうか?
遺産相続が起こったら、基本的に「法定相続人」が「法定相続分」に従って遺産を相続します。ただ、法律によって決まっているのは、それぞれの相続人の相続割合のみです。
具体的に、「誰がどの遺産を取得するか」については、相続人が話し合いをして、決めなければなりません。この話し合いのことを、遺産分割協議と言います。
このとき、相続人たちの意見が合わず、トラブルになってしまうのです。特に、遺産の中に不動産などの高額で分割しにくいものがあると、トラブルになりやすいです。
また、相続人の中に、高額な生前贈与を受けているものがいたり、被相続人の介護を献身的に行っていた人がいたりすると、法定相続分に修正が発生するので(特別受益や寄与分と言います)、やはりトラブルになりやすいです。
このようなとき、遺言書で、あらかじめ被相続人が「誰に、どの遺産を相続させるか」指定しておけば、相続人たちが自分たちで遺産分割協議をしなくて良いので、トラブルを避けることができます。

公正証書遺言を作成しましょう

遺言書を作成するときには、是非とも公正証書遺言を作成しましょう。
自筆証書遺言の場合、死亡後に相続人が「偽物」と言い出す可能性もありますし、無効になってしまうリスクも高いからです。自筆証書遺言の真性が問題になると、遺言書がかえってトラブルの種になる可能性もあります。
公正証書遺言なら、公証人が適正な方法で作成するので信用性も高く紛失のおそれもなく、偽造・変造されることもありません。
あさかぜ法律事務所では、遺言書の作成方法がわからない方のため、1からのサポートをしています。
遺言内容も全く決めていないという状態でも、アドバイスをいたしますので、是非とも一度、ご利用下さい。