弁護士に交通事故事件を依頼するメリット

交通事故の被害に遭ったら、多くの場合、加害者の保険会社と示談交渉をすることになります。
このとき、弁護士に依頼すると、自分で交渉するのと比べて大きなメリットを受けることができます。

弁護士基準を適用して、大幅に賠償金を増額できる

1つ目は、損害賠償金を計算する際に、「弁護士基準」が適用されることです。
 
交通事故に遭ったら、治療費や通院交通費、休業損害や逸失利益、慰謝料などの多くの損害が発生します。
そこで、それぞれの損害について、個別に計算をしなければなりません。
ところが、このときの計算基準は、実は一律ではありません。
 
交通事故の賠償金計算基準には、3種類があります。

  • 自賠責基準
  • 任意保険基準
  • 弁護士基準

自賠責基準は自賠責保険が保険金を計算するときに用いる基準です。
任意保険基準は、任意保険会社が被害者と示談交渉をするときに用いる基準です。
被害者の方がご自身で保険会社と示談交渉をすると、基本的に任意保険基準によって賠償金が計算されます。
弁護士基準は、弁護士や裁判所が使う、法的な根拠を持った基準です。
弁護士が示談交渉をするときや、裁判所が損害賠償金の計算をするときに使われます。

この中で、もっとも高額になるのは、弁護士基準です。
弁護士基準で慰謝料を計算すると、他の基準と比べて2倍や3倍近い金額になることも、よくあります。
そこで、交通事故の示談交渉を弁護士に依頼すると、それだけで慰謝料を始めとした賠償金が、大きく上がるのです。