借金問題を解決するための債務整理とは

借金問題を解決する方法は「債務整理」です。
債務整理は、借金問題を根本的に解決する方法です。
どのような借金でも、適切な方法で債務整理を行えば、必ず解決することができます。
弁護士が推奨する債務整理には、大きく分けて以下の3種類があります。

  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産

また、過去に消費者金融やクレジットカードのキャッシングを利用されていた方の場合

  • 過払い金請求

ができる可能性もあります。
以下で、それぞれについて、わかりやすくご説明をします。

任意整理

任意整理は、債権者と直接交渉をして、借金を減額したり、支払期間を延ばしたりして合意する手続きです。
裁判所は使わず、サラ金やカード会社などと個別に話をして、借金問題を解決します。
任意整理をすると、合意後の借金の利息を全部カットしてもらうことができますし、支払期間も延長されるので、毎月の支払がとても楽になります。
任意整理後は、3~5年程度の間、債権者に対する返済を継続していく必要があります。

任意整理をするときには、ほとんど必要書類も要りませんし、弁護士にお任せ頂けましたら、依頼者の方は何もせずに待っているだけで、借金が整理されます。
また、対象にする債権者を選ぶことができます。友人や知人、親族などから借金をしていて、そういった方々にはこれまで通り、支払っていきたい、という場合などにも便利です。

任意整理に向いているのは、以下のような人です。

  • 借金額がそれほど多くない(300万円くらいまでが目安です)
  • ある程度の収入がある(専業主婦の方でも、夫の給料から返済ができるなら、任意整理できます)
  • 財産を失いたくない
  • 保証人がついている借金がある
  • 友人や知人から借入をしていて、迷惑をかけたくない
  • 車のローン(所有権留保つき)がある

個人再生

個人再生は、裁判所に申立をして、借金の返済金額を大幅に減額してもらう手続きです。
特に財産がない場合には、借金額を5分の1~10分の1程度にまで減額できるので、多額の借金を抱えている場合に大きな効果を発揮します。
また、個人再生には「住宅資金特別条項」という特則があります。これを使うと、住宅ローンについてはそのまま返済を続けて、他の借金だけを減額してもらうことができます。
この方法により、大切な自宅を守りながら、効果的に借金を整理することができます。
個人再生をすると、原則として3年の間に債権者への支払を終えることになります。また、裁判所が監督するので、比較的厳格な収入要件が必要です。

個人再生に向いているのは、以下のような方です。

  • 借金額が大きい
  • 預貯金や生命保険などの財産を失いたくない
  • 住宅ローンがあるけれど、家を守りたい
  • 一定以上の収入がある
  • 自己破産は避けたい

なお、個人再生ができるのは、サラリーマンや公務員、自営業者やパート、アルバイト、年金生活者など、ご自身の収入がある方です。専業主婦や無職無収入の方は、利用できません。

自己破産

自己破産は、裁判所に申立をして、借金をすべて免除してもらう方法です。税金などの一部の支払をのぞいて、すべての債務が免除されます。
そこで、家賃を滞納していたり電話代を支払っていなかったり、未払の買掛金債務や損害賠償債務がある場合などにも、自己破産によって解決することができます。
自己破産には限度額がないので、どんなに大きな借金でもすべて0にすることができます。
また、手続き後に一切支払が残らないので、無職無収入でも専業主婦でも、問題なく利用できることも大きなメリットと言えるでしょう。

自己破産をすると、生活に必要な最低限の分を超える財産がなくなります。ただ、現金であれば99万円までは持ったまま破産できますし、破産手続後に入手した財産は、すべて債務者のものとなります。

自己破産には、世間で思われているほど大きなデメリットはありません。
借金返済ができなくなっているなら、最終的に自己破産をすれば助かる道があるということを、覚えておいてください。

自己破産に向いている人は、以下の通りです。

  • 事業に失敗するなどして、返しきれない多額の借金がある
  • 住宅ローンなどの多額のローンの保証人になっていて、支払いの請求を受けた
  • 交通事故などで高額な損害賠償請求を受けて、支払ができない
  • サラ金や銀行カードローンで支払いきれない借金をしてしまった
  • 生活苦で借金が増えたが、到底返済出来ない
  • 無職無収入だけど、借金がある
  • 債務整理したら、生活保護を受けたい