弁護士に離婚問題を依頼するメリット

有利に話し合いをすすめられる

弁護士が代理人についていると、協議離婚の話し合いを有利に進めることができます。法的な知識が豊富なので、依頼者に有利な条件となるように調整することができますし、相手から不利益な条件を提示されても、応じることがありません。
また、離婚の話し合いをしようとしても無視する相手がいますが、そのような相手でも、弁護士が代理で交渉すると、きちんと対応することがあります。
相手がDV加害者などの場合には、ご自身で交渉するのはかなり難しくなりますが、弁護士がついていたら安心ですし、慰謝料請求することなども可能となります。

協議離婚合意書作成も安心

協議離婚をするときには、協議離婚合意書を作成しておくべきです。きちんと合意書を作っておかないと、後になっていろいろなトラブルにつながるためです。
また、協議離婚合意書を作成したら、公正証書にしておくことを推奨しています。公正証書の方が、信用性が高いですし、原本紛失などのおそれもありません。
また、公正証書で強制執行認諾条項をつけておくと、相手が養育費や慰謝料などの支払を怠った場合、すぐに相手の資産や給料を差し押さえることができるので、取り立てが容易になります。
あさかぜ法律事務所では、公正証書による協議離婚合意書の作成まで、万全のサポートを行っていますので、お気軽にご相談ください。

調停委員を味方につけやすい

離婚調停をするときにも、弁護士がついていると有利になりやすいです。
法的な観点から調停委員を説得するので、調停委員を味方につけやすくなりますし、状況に応じて常に適切な主張や意見を出していくことができます。
また、調停申立書の作成や裁判所との期日調整などのやり取りも、すべて弁護士が行うので、依頼者にはまったく手間がかかりません。
離婚調停をするなら、是非とも弁護士にご依頼ください。

離婚訴訟になっても対応可能

離婚調停でもお互いに合意ができない場合には、離婚訴訟をする必要があります。
訴訟は、話し合いの手続きではなく、裁判官が離婚するかどうかとその条件を決定してしまう手続きです。有利な判決を得るためには、法的に有効な事実を主張し、立証する必要があります。
専門的な対応が必要なので、素人の方が一人で対応すると、極めて状況が不利になります。
弁護士がついていたら、訴訟に対しても万全のサポートを行いますので、ご安心頂けます。