弁護士が付添人として、サポートします

未成年が逮捕されたときには、とにかく早期に身柄を解放することが大切です。
早く釈放されないと、学校を退学処分になってしまうことなどもあります。
また、最終的に保護観察処分を獲得することが重要です。少年院に送られると、短くても数ヶ月は帰ってこられなくなりますし、少年院で悪い友達ができてしまうことなどもあるためです。
弁護士が付添人になったら、調査官にはたらきかけて、保護観察処分を相当とするよう説得します。
うまく自分の主張ができない少年の代弁者となり、大切なお子様をお守りします。

大人の場合も少年の場合も、刑事手続で頼りになるのは弁護士です。ご自身やご家族が刑事事件の当事者となったら、すぐにあさかぜ法律事務所までご相談ください。