刑事事件では、弁護士の役割が非常に重要です。
あさかぜ法律事務所の弁護士にご依頼いただけましたら、次のような強力なサポートを行います。

すぐに接見に行って、ご本人を励ます

ご本人は、いきなり警察に逮捕されて、パニックになっています。今後どのように手続きが進んでいくのか、裁判になるのか、どのくらいの罪になるのか、家族や職場にはどのように連絡したら良いのかなど、大きな不安を抱えています。
そこで、弁護士がすぐに駆けつけて、必要なアドバイスを行って、励まします。
家族の状況を伝えると、ご本人も安心されることが多いです。
同時に、虚偽の自白を絶対にしないよう、強く念を押します。このことで、冤罪を防ぐことができます。
弁護士がすぐに行かないと、ご本人が警察官に気圧されて、虚偽の自白をしてしまい、後で不利になってしまうことがあるので、注意が必要です。

被害者との示談を進める

ご本人が罪を認めている場合、弁護士は、すぐに被害者との示談を進めます。
被害者と示談が成立してきちんと示談金の支払いをしていると、被疑者の情状が非常によくなるからです。
示談ができると、検察官が不起訴処分とする可能性が高くなります。不起訴になったら、刑事裁判になることもありませんし、前科がつくこともありません。
ただ、被疑者ご本人やご家族が、被害者と示談を進めようとしても非常に困難です。被害者の氏名や住所がわからないこともあるでしょう。
弁護士だからこそ、被害者の連絡先を入手することができますし、被害者も安心して示談に臨むことができるのです。

検察官と交渉をして、早急な身柄釈放を求める

示談ができたら、弁護士は早急に検察官に連絡を入れて、早期の身柄釈放を求めます。
示談だけではなく、被疑者が反省していることや、適切な監督者がいることなども伝え、決して再犯に及ばないことを説明し、納得させます。
このことで、検察官が不起訴の決定をして、被疑者の身柄が解放されます。