逮捕された後の手続きの流れ

逮捕されると、その後どのような手続きの流れで進んで行くのか、ご説明します。

逮捕後勾留される

逮捕されると、被疑者は警察署内の留置施設に身柄を拘束されます。
警察官は、その後48時間以内に、被疑者の身柄を検察官に送ります。微罪や間違い(冤罪)の場合には、送検されずに釈放されることもあります。
検察官は、被疑者の身柄を受けとると、裁判所に対して勾留請求をします。勾留決定が出ると、被疑者は引きつづき警察署内で拘束され続けることになります。
検察官が被疑者の身柄を受けとってから勾留決定を受けるまでの時間は、24時間以内に制限されています。

取り調べを受ける

被疑者は、逮捕・勾留中、警察から取り調べを受けることになります。
聞かれる内容は、これまでの生い立ちや犯罪の動機、準備、実行した内容などです。
また、犯罪を起こした現場に行って、実況見分に立ち会うことも多いです。
勾留期間は、原則として10日間ですが、10日間で捜査が終わらない場合には、さらに10日間延長することができます。再度の勾留延長はできないので、被疑者の勾留期間は最長で20日間となります。
逮捕されたときから数えると、被疑者の身柄拘束時間は、

  • 逮捕後検察官に送致されるまでの48時間
  • 検察官が勾留決定を得るまでの24時間
  • 勾留期間である20日

の合計23日間となります。

起訴・不起訴の決定

勾留期間が満期を迎えると、検察官は被疑者を起訴するか、不起訴にするか決定します。
起訴されると、刑事裁判の被告人となって、裁かれることになります。
不起訴になると、無罪放免となり、身柄を解放され、今後、同じ罪で逮捕されたり勾留されたり裁判をされたりすることはありません。

刑事裁判

起訴されると、刑事裁判が始まります。
裁判では、罪を認めるか認めないかを聞かれ、その返答内容により、進行方法が変わってきます。
認めている事件では非常に裁判が早く進み、1回で終わることも多いです。
認めていない事件では、本当に罪を犯したかどうかを審理しなければならないので、長期間かかります。否認事件では、裁判に1年以上かかることも珍しくありません。
また、大規模な事件では、公判前整理手続きという手続きが入り、裁判前に入念に準備することになったり、裁判員裁判となって、国民から選ばれた裁判員の前で裁判が開かれたりすることもあります。
刑事裁判の審理が終わると、裁判所が最終的な判決を下します。
判決では、有罪にするのか無罪にするのか及び、有罪にする場合には刑罰の内容が決定されます。
無罪となったら前科はつきませんが、有罪になったら一生消えない前科がつきます。